FC2ブログ

頑固プロレスロゴ2013
頑固プロレスのテーマはこちら⇒
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[結果]3月8日西調布アリーナ「Decision」
2009/03/09(Mon)
3月8日『Decision』大会の全試合結果をお知らせ致します。

観客動員数 43人
西調布格闘技アリーナ
画像はこちら→クリック

▼第1試合 シングルマッチ20分一本勝負
●野村聡vs渡辺宏志〇
[12分56秒 片羽絞め]
今回負ければ一旦区切りとなる野村vs渡辺戦に並々ならぬ決意で臨む野村だが序盤は渡辺の妙技に翻弄される。中盤ドロップキック連発、ベンジュラムバスター、サンセットフリップと繋げ必勝を期してスリーパーホールドに行った野村だが、これを逃れられると人間風車、バックドロップと畳み掛けられ、最後は渡辺の片羽絞めに無念のタップ。

▼第2試合 頑固コロシアムルールシングルマッチ15分一本勝負
●加藤まことvsジョータ〇
[12分5秒 チキンウイングアームロック]
 初参戦のジョータは加藤と手の合う打撃、寝技、投げ技とオールラウンドに使いこなす。前回の頑固コロシアムルールと異なり、自分と同タイプの戦法の相手にリズム良く試合を進める加藤だが、ジョータもキャプチャーマットと同様の闘いとあって初参戦の頑固マットに戸惑いも見せず、両者ポイントを取り合いイーブンの展開だが、12分過ぎ、加藤の胴締めスリーパーホールドを逃れたジョータが高速ブレンバスターからダブルリストロックをがっちりと決め、タップを奪い勝利を上げた。

▼第3試合 タッグマッチ30分一本勝負
〇松崎和彦&RIKIYAvsヤマダマンポンド●&gosaku
[13分14秒 卍固め]
 頑固初参戦の4人によるタッグマッチ。FMW、大日本などの団体で手慣れたラフバウトで闘う他の3人に比べコンディションで劣るRIKIYAは蹴り足を取られるシーンなどもあり苦戦。体格で優るヤマダマンポンドが凶器攻撃、頑固マットきっての巨体であるgosakuのラリアットで押すと苦しむ展開。そんな中で安定感を見せていた松崎は、苦境を脱してきたRIKIYAとスイッチするや、二人まとめてのジャンピングネックブリーカーから、若いヤマダマンボンドを卍固めで仕留めた。悔しいヤマダマンボンドはRIKIYAが万全の状態でのシングルでの再戦をアピール。

▼第4試合 シングルマッチ60分一本勝負
●大久保一樹vsリッキー・フジ〇
[16分26秒 9999→体固め]
 突然の裏切りに激怒していた大久保だが意外にも闘志を眼にたぎらせながらもラフなところのないオーソドックスな展開から試合が始まる。グラウンド、というよりプロレスの基本技中心で応酬した後、大久保が脚関節を取って攻めると、リッキーも脚関節を取り返し、その状態でお互いに吠え合い、技術よりも気迫の争いを見せつける。ついで腕関節狙いに出るが決められなかった大久保は得意の蹴りでラッシュ、燃える闘魂を思わせるアームブリーカーを吠えながら連発して追い込む。しかしこの攻勢をかわしたリッキーはすり抜けるように9999を放つや、隙のないエビ固めでガッチリと抑えで3カウントを奪った。
 リッキーはマイクを取り、今日の試合での気迫が頑固プロレスファンの求めていたことじゃないのか、しかし今の大久保のベルトには、挑戦させてくださいお願いしますとまで言って取りに行く魅力は未だ感じないんだ、と告げてリングを去った。
この記事のURL | 試合結果 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。