頑固プロレスロゴ2013
頑固プロレスのテーマはこちら⇒
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
6月1日(日)『セメントファイトクラブ』レポート
2014/06/08(Sun)
第1試合 20分1本勝負
○浪口修(5分55秒 裸締め)YANAGAWA×
前回大会の乱入の善し悪しはともかく、結果的に正式に頑固プロレス初参戦となった浪口だが、対戦相手が666所属のYANAGAWAなので不満を露わにしていた。
そんな浪口に対して奇襲を仕掛けたYANAGAWAは、いつも通りの気迫を前面に押し出したエルボーを繰り出すものの浪口がこのエルボー合戦を制す。
浪口の厳しい逆エビ固めを耐えたYANAGAWAは得意のドロップキック、フットスタンプ、ネックブリーカーで反撃するがフォールには至らない。
YANAGAWAの攻撃を受け切った浪口はエグいドロップキックからニーリフト、ストマッククラッシャーで動きを止めて胴締めスリーパーでギブアップを奪った。

勝っても満足いかない浪口はマイクを持つと散々悪態をついて、ようやく溜飲が下がったのか退場するのであった。


第弍試合 タッグマッチ30分1本勝負
▲ヤマダマンポンド&バンビ(13分50秒 両軍リングアウト)タケシマケンヂ&神田愛実with遠藤マメ
※第弍試合については諸事情により試合寸評を控えさせていただいております。


第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
○不動力也&神楽(11分53秒 体固め)ドラゴン・ユウキ&×高杉祐希
頑固プロレス初参戦の神楽は手の合うユウキとのルチャムーヴで沸かせる。
不動は高杉のタックルを受け倒す一方でユウキと華麗なロープワークを見せてキャリアと引き出しの多さを見せつける。
ローンバトルになりがちな高杉をフォローして神楽にはみちのくドライバー、不動にはスイングDDTをヒットさせたユウキだったが、不動のパワースラムで動きを止められる。
ここで奮起した高杉は不動にブルドッキングヘッドロックをお見舞いし、ブレーンバスターを喰らうものの裏投げで反撃する。
しかし必勝パターンのSTO狙いをラリアットで跳ね飛ばされると、神楽が高低差のない西調布のリングにも関わらずユウキにトペをヒットさせて分断したところへトドメのフロッグスプラッシュで高杉から3カウントを奪った。


第4試合 時間無制限1本勝負
○ジョータ(21分48秒  クロスフェース)原学×
ここ半年間程毎月のように対戦して因縁を深めてきた両者の決着戦となったこの試合。

立ち上がりいきなりジョータがハイキックでダウンを奪ったが、その後しばらくグラウンドでの一進一退の攻防が続く。
スタンドに戻るとキック、張り手、頭突き、スープレックスと意地でも同じ技で上回ろうとする身体を削るような攻防が続く。
20分を超えるハードな試合となったが、張り手で原をダウンさせると得意のクロスフェースに捕らえたジョータが絶対に離すまいと締め上げ、原はロープに逃れる事が出来ず無念のギブアップを選んだ。


第5試合 タッグマッチ60分1本勝負
▲大久保一樹&下田大作(13分45秒 両軍リングアウト)GENTARO&グラップリングマシン▲
例によって誰と組んでも不協和音なマシンはタッグパートナーのGENTSROに喰ってかかっていたが、試合の立ち上がりは大久保vs.GENTARO、下田vs.マシンでのグラウンドの攻防が見られた。
下田とマシンの重い左ミドルの撃ち合いや下田とGENTAROのタックル合戦で徐々に熱帯びはじめ大久保がキャプチュードでGENTAROを追い込む。
さすがにカットに入ったマシンだが、GENTAROとどちらが羽交い締めにするかで揉めた揚げ句案の定、羽交い締めに捕らえたGENNTAROと捕らえられた大久保もろともタックルで場外に転落させてしまう。
場外戦の末、誰も戻れずに両軍リングアウトの裁定が下った。

別に頑固ではメインが両リンなのは珍しくもないのに、今回に限って完全決着に拘るアイアンマンレフェリーの指示で延長戦が決まった。
だったらいつも完全決着にすればいいのに。。。

◎延長戦 時間無制限1本勝負
▲大久保一樹&下田大作(4分58秒 両軍反則)GENTARO&グラップリングマシン▲
延長戦に突入するや一気にケリをつけるべく下田はマシンを大技ラッシュで攻め立てるが、ここでもフォローに入ったGENTAROにマシンのラリアットが誤爆すると4者が入り乱れるカオスな状況となる。
なぜか4者を分けようとするアイアンマンレフェリーはことごとく暴行させる収拾不能さに遂に両軍反則よいう裁定が下って、結局決着はつかなかった。
この記事のURL | 試合結果 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。