FC2ブログ

頑固プロレスロゴ2013
頑固プロレスのテーマはこちら⇒
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『頑固☆イン・ワンダーランド』試合レポート
2010/07/08(Thu)
画像はこちら→クリック

前説はデュークレフェリー&ワンダーマンリングアナ。
久しぶりに頑固を裁くデュークレフェリーはコロシアムルールを忘れてたそうで、客席に若干の不安感を煽った。

第1試合 タッグマッチ30分1本勝負
○矢野啓太&竹嶋健史(14分45秒ヨーロピアンヘッドロック)ヤマダマンポンド&サイクロン北原●
ヤマダマン&サイクロンの奇襲でスタートして場外で矢野に売り物のビールを飲ませる暴挙で床はびしょ濡れでスタッフにヒンシュクを買った。
ちょっとだけヒールらしくなってきた北原がブレーンバスターホールドやバックドロップホールドを出せば、竹嶋もスピアーでヤマダマンを吹っ飛ばし、ヤマダマンは西調布では至難の業ショルダースルーを矢野に決める。
最後はヤマダマンのラリアットを北原に誤爆させた矢野がストップボードで北原を殴打してからのヨーロピアンサイドヘッドロックでタップを奪った。


第2試合 30分1本勝負
○松崎和彦(8分55秒逆さ押さえ込み)梅沢菊次郎●
重量感のある両者の攻防は迫力満点で梅沢が頭突きからセントーンで優勢に立てば、松崎は場外戦で逆転してリングに戻るとブルドッキングヘッドロック。
梅沢のチョップと松崎のキックで客席を沸かせ、松崎がコブラツイストからスクールボーイ。梅沢がスパインバスターでフォールを狙う。
ロープに走る梅沢に得意のフライングネックブリーカーからバックドロップでチャンスの松崎だが2発目は体位を浴びせられる。
しかし、立ち上がり様に素早く逆さ押さえ込みの妙技で3カウントを奪った。



第3試合 頑固コロシアムルール15分1本勝負
○ジョータ(7分40秒テキサスクローバーホールド)グラップリングマシン●
どうやら今回が初登場らしいマシンは肉厚な肉体とジョータの打撃にも対応できるオールラウンドプレイヤーのようだ。
グラウンドでも互角の攻防を見せたが、一瞬の隙をついて2段コーナーからのムーンサルトで客席を沸かせるマシン。
カウント9のダウンを喫したジョータは怒りの反撃を見せ、打撃ラッシュからのテキサスクローバーホールドで一気にタップを奪った。
両者の持ち味がいかんなく発揮されたベストバウトだった。


第4試合 60分1本勝負
○大久保一樹(14分58秒腕ひしぎ逆十字固め)グラップリングマシン●
今回はプロレスルールでの決着戦を狙う大久保に対してセコンドを付けずに登場したマシンは、むしろグラウンドで大久保を圧倒してロープエスケープを奪いまくる。
形勢不利を打撃のラッシュで逆転した大久保は最後にジャーマンスープレックスから飛び付き逆十字でタップを奪いマシン軍団との因縁に決着をつけた。

この記事のURL | 試合結果 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。