FC2ブログ

頑固プロレスロゴ2013
頑固プロレスのテーマはこちら⇒
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[結果]4月4日(日)死闘!花粉症プロレス
2010/04/07(Wed)
頑固プロレス4月4日西調布格闘技アリーナ試合結果です。
「死闘!花粉症プロレス」
観衆39人
試合画像はこちら

試合前のアイアンマン西田レフェリーとワンダーマンリングアナの前振り。西田レフェリーはグラップリングマシンにメールアドレスを知られ、返信を受け付けないアドレスから一方的にメールを送りつけられ、マシンを用意させられた、との話であった。

第1試合(頑固コロシアムルール1/15)
○三州ツバ吉(8分25秒KO勝ち)野村聡●
※左ハイキックより
※両者にポイント3を付与するロストポイント制を採用。三州[D0E2]、野村[D1E0]
 1年半前に野村の首固めに丸め込まれ不覚を取った三州が雪辱を狙って参戦。素早い蹴りと執拗な脚関節狙いのバランスも巧みに積極的に攻め、打撃で1ポイント先取。野村はなんとか三州の関節狙いを切り替えして逆に脚関節、腕ひしぎ十字固めとバタフライロックで2ポイントと逆転する。しかしながら中盤に至り体格に優る三州の優位は隠せなくなり、三州の左ハイキックが野村の顔面を捉えると野村は立てず10カウントを聞いた。

第2試合(1/30)
○有山いいとも!(7分8秒 体固め)サイクロン北原●
※いいとも!スラムより
 北原は有山に対し試合開始はロックアップでオーソドックスに始めるが、まったくビクともさせられない。場外乱闘ではいいようにあしらわれ、戻った場外でやっとエルボーで反撃を始めるが全く通じず、有山の踏みつぶし攻撃に苦悶するばかり。北原は低空ドロップキックで挽回の糸口を掴み裏アキレス腱固めからアンクルホールドで攻めるがそこまで。ラリアットの連打でのカバーはカウント2ではねのけるも、有山のいいとも!スラム(山嵐バックドロップのような技)で叩き付けられ3カウント。試合後、有山の「お前このままでいいのか?」との激を苦悶の表情のまま聞くばかりの北原であった。

第3試合(頑固コロシアムルール1/15)
○ジョータ(7分16秒逆エビ固め)竹嶋健史●
※両者にポイント3を付与するロストポイント制を採用。ジョータ[D0E1]、竹嶋[D2E0]
 竹嶋は粘っこくからみついていくようなファイトで、ジョータから関節で1ポイントを先取してみせる。これに対して鋭い打撃と、粘っこくというよりは斬り込んで行くような関節で応ずるジョータ、2回のダウンを奪いポイントでは先行するが、竹嶋も密着戦法でペースを掴む時間はむしろ長いように映る展開であった。
 しかし終わりは畳み掛けるような展開、ジョータがハイキックでダウンを奪った、と思いきや、カウントを待たずにジョータが竹嶋の両足を取りボストンクラブを決めると、西田レフェリーがすぐさま止めに入って試合終了。

第4試合(1/60)
○大久保一樹(14分9秒反則勝ち)グラップリングマシン2号●
※マシン1号の乱入、加勢のため
 グラップリングマシンは前回同様2名で現れた。先月試合に出たのは上背が若干低い方だったが、今回リングに入ったのは若干高い方。低い方はセコンドに控えるが挑発するでもなく、リング内のマシンも、オーソドックスな組み合いから試合を始め、グラウンドレスリングを展開。大久保の腕関節狙いをかわし、ヘッドシザースを倒立で逃れ、ストレッチでひねり上げたり、意表をついたローリングソバットを繰り出すなど意外なテクニシャンぶりを見せる。
 10分直前まではこのマシンの実力者ぶりにペースを握られっぱなしだった大久保だが、ミッドルキックからドロップキック、ブレーンバスターといった純プロレス技で反撃に転じ、ダブルリストロック、腕ひしぎ十字固めと攻める。マシンも脇固め、裏アキレス腱固め、ドロッピキック(!)などで応戦するが、大久保と空中蹴りの相打ちとなったあと、大久保の強烈なジャーマンスープレックスを喰らい、卍固めを決められてしまう。そこへそれまで沈黙していたもう一方のマシンが乱入し、反則負けのコール。
 すると同じようにマシンの覆面姿のジョータが飛び込んで来てマシン二人を蹴散らして、なんだこんなもの、と言わんばかりにマシンの覆面を脱ぎ捨てて見栄を切ってみせた。

 西田レフェリーは「マシンの覆面には実は花粉がしこまれていて花粉症のマシンは苦しかったはず。その状態で五分五分なら本来の力では負けている。もっと頑張ってくれ!」と大久保に激を飛ばした。

この記事のURL | 試合結果 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。